とよしま歯科医院

 

ドライマウスとは

とよしま歯科医院はドライマウスの認定医がいます。 

 

現在ドライマウス人口は800万人と推定されています。口腔乾燥症ともいわれ口の中や喉の渇きを主訴とする症状が現れます。眼に現れる乾燥症の「ドライアイ」同様徐々に注目され始めています。ドライマウスの人口が増加している背景には現代人に多い主にストレスや不規則な食生活や薬物の副作用が原因であることがわかっています。
 
 軽度では主に口の中のネバネバ感、虫歯、歯垢や舌帯の増加、それに伴った口臭も現れます。重度になり唾液分泌量が低下し口腔内の乾きが進行すると、強い口臭、舌表面がひび割れ、割れた舌の痛みいわゆる「舌痛症」で食事がとれない摂食障害、会話時にしゃべりづらいなどの発音障害も現れます。場合によっては不眠をおこすことにもなります。

 さらに自己免疫の異常(自己免疫疾患)によるものをシェーグレン症候群といい全身に様々な障害を引き起こすことがあり注意が必要です。

 

原因と治療方法

・食生活
現代の食生活では唾液を十分に出さなくても飲み込めるようなファーストフードや食事が主流になっています。このため唾液の分泌が従来よりも少なくなり、口の中の潤いが足りず、口が渇く、舌がひび割れて痛い、などの症状があります。

・精神的ストレス、緊張
ストレスがかかったり緊張をすると交感神経が刺激され、唾液の分泌が抑制されます。あまり緊張しないよう楽しくゆとりある生活を心がけてみて下さい。気分転換をしましょう。

・薬物
抗鬱剤(抗うつ剤)、鎮痛剤、抗パーキンソン剤、降圧剤などの多くの薬物の副作用として唾液分泌の低下があり、薬の量を減らすなど担当医と相談して下さい。

・年齢によるもの
年齢とともに口や顎の筋力が低下や萎縮がおこり唾液の分泌量が低下します。
70歳以上で男性16%、女性25%の量的低下。
80才では老人性萎縮により25%以上の低下。

・口で呼吸する(口呼吸)
鼻炎などの鼻疾患や癖などで口で呼吸をすれば唾液は蒸発してしまい口が渇く原因となります。鼻疾患の治療や癖をなおしましょう。

・その他病気など
浮腫、脱水症、糖尿病、シェーグレン症候群、放射線、骨髄移植

2.治療法

生活指導や対症療法が中心。
口の中の粘膜保護が必要なことから、保湿力の高い洗口液、保湿ジェル、スプレーによる噴霧、夜間の乾燥を防ぐ保湿用マウスピース(モイスチャーとトレー)、夜間義歯などを症状に応じて処方、投与します。

その他
ガム療法、味覚刺激療法、唾液腺マッサージなど。
シェーグレン症候群では内服薬と症状に応じた保湿性薬剤などを投与します。

 

症状チェック(目安です)

1.いつも口や喉が渇いた感じがする
 2.口が渇くので水をよく飲む
 3.乾いた食品が食べにくい
 4.のどが渇いて目が覚めることがある
 5.口臭がある
 6.口の中がネバネバしてしゃべりにくいことがある
 7.眼が乾いて涙が出にくい
 8.スナック類やファーストフードが好き
 9.仕事や家庭でストレス・緊張を感じている
10.几帳面で神経質と言われたことがある

0~1  心配なし。
2~3  予備軍です。
4~6  ドライマウスの疑いがあります。
7~10 治療対象のレベルです。


口の渇きが気になる方は検査・治療を受けることをお勧めいたします。

 

ドライマウスと唾液・口臭

.口臭と細菌

 ドライマウスにより口の中が乾く唾液分泌量が低下した状態では、唾液の持つ力が発揮できません。唾液には様々な作用がありますが、口が渇くと唾液分泌量が低下するため、ネバネバしたり唾液の機能が十分に働くことが出来なくなります。なかでも抗菌作用、自浄作用低下は食べかすを残しやすくし細菌の栄養分になります。

 そうなると細菌の増殖、繁殖が始まります。1個の細菌が倍々に増殖して1日で約10の8乗というとんでもない数になります。実際の生活ではそこまで増えないにしても通常の値よりもかなり多いでしょう。口臭も強くなります。
 

2.唾液の働き

消化作用

唾液中の酵素アミラーゼで
デンプンをマルトースに分解

自浄作用

歯に付着したプラークや
食べ物のかすを洗い流す

抗菌作用

抗菌作用を持つ物質で病原
微生物に作用し抵抗する

保護作用

ムチンにより粘膜を保護する

緩衝作用

phを一定に保ち細菌の繁殖を抑える

再石灰化

歯の表面を唾液中のアパタイト
で覆い虫歯を防ぐ

               TOP