とよしま歯科医院

 

歯周病と全身疾患との関係

                 とよしま歯科医院提供 22-2169

                  www.toyoshima-dental.com/

 

歯周病が糖尿を悪化させる

 

糖尿病が歯周病を悪化させます。それは、糖尿病による高血糖で血管基底膜が肥厚する血管症がおこり、これが種々の合併症の原因で歯周病も悪化します。さらに糖尿病では、細菌を食べてくれる免疫細胞、特に多形核白血球といわれるものの機能が低下し、また細菌への免疫反応によるコラゲナーゼの機能亢進でコラーゲン線維の破壊が進むことで、歯周病はより悪化するのです。

 

あ

 

歯周病と心臓血管疾患について

 

歯周病が心臓血管疾患を悪化させることがあります。
 心内膜といわれる心臓の内側の膜や弁に血液を介して細菌感染がおこると、細菌性心内膜炎といい、心不全につながることさえあります。歯科治療、特に抜歯との関係が古くから知られていますが、歯周病原因菌が心内膜炎から検出されたという報告もあります。
 歯周病患者で歯肉の炎症がひどくなると血中のフイブリノーゲンが増加して血液の流動性が低下し、また、歯周ポケットからの持続的な細菌の侵入で免疫細胞、特にマクロファージの活動を増やして動脈壁の硬化をひき起こし、結果として血栓形成を促進します。このことから心筋梗塞や狭心症などの虚血性心疾患を悪化させることがあります。

q

 

 

歯周病と呼吸器疾患について

 

歯周病と誤嚥性肺炎には深い関係があります。
 老人や手術後の患者などで嚥下反射が弱まり、誤って唾液が気管に入ってしまうと、歯垢(プラーク)にいる細菌が灰に感染して肺炎が起こるのです。プラーク中には肺炎球菌などが共存しているためですが、歯周病と関連した嫌気性菌も作用して肺炎をより増悪させることがあります。
 また、歯周病菌に対する免疫反応で増えたサイトカインと呼ばれる物質が、歯周ポケットから唾液中に出て肺に誤嚥されると、炎症反応を刺激して肺炎を起こしやすくしたり悪化させたりします。

qq

 

歯周病のセルフチェック(危険度大)

 

自分で歯周病になっているかどうかのチェックをしてください。
こういう症状がでていたら要注意です。

(1)

歯肉に痛みがある。

(2)

歯が長くなってきたような気がする。

 

これは歯肉が下がったために歯がのびたように見えるのです。

(3)

歯がぐらぐらし、歯の隙間が広がった。

 

歯周病が進んでくると、歯槽骨がなくなり歯の動揺が起きます。また、移動がおこり歯の隙間が広がってきます。

(4)

歯が揺れて食べ物をかみ切れない。

 

歯を支えている土台(歯槽骨)がなくなって、歯が動き固いものが食べにくくなります。

(5)

歯肉から血が出やすい。

 

歯肉の炎症のため充血が起こり血が出やすくなります。

(6)

歯肉を押すと膿がでる。

 

歯周病菌と戦って死んだ白血球が膿となるのです。歯周炎がかなり進行している証拠です。

 

 

q

 

歯周病のセルフチェック(危険度少)

 

歯周病の危険度が少し小さいチェック項目です。

(1)

口臭がある。

 

歯周炎が進んで膿がでるようになると、口臭がひどくなります。

(2)

朝起きたとき口の中に粘ついた感じがする。

(3)

水を飲むと歯がしみていたい。

 

歯周病が進み歯槽骨の吸収が起こり歯根が露出するとしみることがあります。

(4)

歯肉が赤く腫れている。

 

歯肉の炎症で充血が起こり赤く腫れます。

(5)

歯肉がむずがゆい。

q