ソケットリフト法

あ

g

p

p

p

p

ソケットリフト法でも説明しましたが、インプラント治療を行うにあたり骨の幅や高さがない場合、インプラント治療ができない場合があります。上顎においては上顎洞という空洞があり、インプラント治療を難しいものにしてしまいます。この空洞に骨を造成してインプラント治療を可能にするためにソケットリフト法によるサイナスリフトが行われますが、この方法は、1)外科的侵襲が大きいこと。2)治療期間が長いことが短所に挙げられます。

既存の骨の高さが5mm以上存在すればソケットリフト法による骨造成でインプラント治療が可能になります。この方法は、1994年にSummers RBら(1994)によって報告され、インプラント埋入するための穴から骨造成を行うため、サイナスリフト法に比べて外科的侵襲がはるかに少ないのが特徴です。

p

お

お

インプラントを埋入するのに骨の高さは5mm以上あればソケットリフト法によるインプラント埋入することが可能になります。

p

お

p

お

p

@骨の高さ(上顎洞までの距離)が5mm以上あれば、ソケットリフト法の適応できます。

Aインプラント埋入するための穴を形成し、オステオトームとういう円柱状の器具で上顎洞底を押し上げます。

お

お

お

お

お

B形成した穴から移植骨を入れます。

C移植骨ごと上顎洞底を押し上げ、インプラントを埋入します。

ソケットリフト法の生存率

お

ソケットリフト法によるインプラント治療の成功率は、外科医によって若干の術式が異なるものもありますが、以下の通りに報告されています。
医療においては高い成功率といえます。

p

観察本数

観察期間

インプラントの生存率

Fugazzotto PA(2002)

116本

最長4年

98.3%

Ioannidou E (2000)

79本

8ヶ月

100%

Rosen PS(1999)

174本

約3年

治療前の骨の高さ
4mm以下 85.7%
5mm以上 96%

Tong DC(1998)

1092本

最長60ヶ月

87〜98%

Horowitz RA(1997)

34本

平均5.9ヶ月

97%

Summers PB(1994)

143本

18ヶ月

96%