とよしま歯科医院

 

p

「

「「

「「

インビザライン

とよしま歯科医院が推奨する透明マウスピース法です。

 

インビザラインマウスピース矯正

インビザラインは、アメリカのアライン社により開発されたブラケットとワイヤーを使用しないマウスピース型の矯正装置で、

不正咬合の模型をコンピュータ上の3D情報に置き換えて1回あたりの歯の移動量や方向を計算してシュミレーションして

歯牙を並べ直し,各ステップごとに透明のプレートを製作し、2週間に1回交換して治療していくシステムです。
アクアシステムマウスピース矯正では前歯6本程度で咬合状態が安定した症例に対して有効でした。しかし、

上下の全ての歯をマウスピース矯正で動かす場合はワイヤー矯正と全く同じような精密検査、診断のもと治療計画を立てる必要があります。

ワイヤー矯正ではどんな方向に生えている歯でも自由に動かすことができますがマウスピース矯正では動きが悪い歯並びが存在します。

特に抜歯が必要な症例や小臼歯部が回転している、歯を伸ばす方向に動かしたいとき、歯の軸を平行に動かしたいときは

ワイヤー矯正や補助器具(アタッチメントやゴム)の併用が必要となります。

治療手順

1.初診相談

2.
精密検査(各種レントゲン検査、歯型、口腔内写真、咬み合わせ) \31,500

3.
診断 \21,000

4.
マウスピース製造発注(型取りから最長6週間で装置が完成します)
この時点でインビザラインマウスピース矯正の最終意思決定をしていただきます。

5.
マウスピース装着開始(2週間に1回交換)
装置料 \945,000 調整料 1回 \5,250

6.
保定装置リテーナー装着




35
万人の患者さんが世界中でインビザラインマウスピース矯正をされています。

これまでの実績

「

患者さんにとってのメリット:

デメリット:

上記の歯並びの場合はワイヤー矯正や補助器具(アタッチメントやゴム)の併用が必要となります。

インビザラインの製造プロセス

ステップ1
「

治療計画書および顔面・口腔内写真をインターネットを通じてオンライン上にて提出していただきます。

一方で、歯形、咬み合わせ、X線写真、治療計画書をアライン・テクノロジー社(米国)へ送る。

ステップ2
「

工業用コンピュータ断層撮影(CT)システム「フラッシュCT」を用いて、先生方からお送りいただいた

歯形をスキャンし、患者の歯の3次元セットアップモデルをコンピュータ上に具現化します。

症例の受領後に先生方のウエブサイト(後述)にクリンチェック作成中の通知が表示されます。

ステップ3

「

先生方からお送りいただいた治療計画書に基づき、米国アライン・テクノロジー社内の

矯正専門歯科医などで構成される専門チームにより「クリンチェック」が作成されます。

クリンチェックは、コンピュータ画面上にて、患者の現在の歯の状態、治療終了後の状態、

移動の途中経過について、すべてのステージをあらゆる角度から検討いただくことができます。


ステップ4
「

アライン社によるクリンチェック作成後、先生方のウェブサイトに承認待ちのクリンチェックの通知が表示されます。

インターネットを通じて、クリンチェックに関して修正すべき内容につき先生方にご指示いただき、

オンライン上の双方向でのやり取りを経て最終承認いただきます。


ステップ5
「

クリンチェックについてご承認いただいた後、レーザーリソグラフ技術を通じ、

クリンチェックの内容を忠実且つ正確に具現化し、インビザライン・アライナーの各ステージに対応した

光造形モデルが作成されます。


ステップ6
「

光造形モデルにしたがって、指定された移動が連続的に組み込まれた一連の透明な

インビザライン・アライナーが製造され、治療開始前に、治療完了に至るまでの

インビザライン・アライナー郡一式が先生方宛に出荷されます。

ステップ7
「

患者は最低2週間、一日20時間以上、各インビザライン・アライナーを装着します。

歯は徐々に治療目標に向けて移動します。

3次元治療計画のデモンストレーション(動画で歯の動きが見れます)

http://www.invisaligncec.jp/why/why_01.php

装置(インビザライン・アライナー)の製造にあたって

 

「

治療費
精密検査          \ 31,500
診断料            \ 21,000
インビザライン装置料   \ 945,000
毎回調整料         \   5,250

Essix アプライアンス

Essix(エシックス)アプライアンスは、ルイジアナ州立大学前教授であり、またアメリカ矯正学会の前会長でもあった

ジャック・シェリダン先生が開発したワイヤーを全く使わない新しい矯正法です。

まず歯型をとりマウスピースのような透明な装置を作成します。その装置に細工を加えて口の中に装着することにより、

歯を移動させる力が発揮されます。この方法は上記の2つとの違いはひとつのマウスピース(透明トレー)を細工する方法なので

何回も型を取る必要はありません。
理想的な1日の装着時間は24時間ですが、人前に出る時、食事の時などは外すことも可能です。

他のワイヤーを使わない矯正では、事前に歯が動いた後の模型を予測して作り、その模型に合わせて装置(マウスピース)を作成します。

しかし、Essixは矯正前の歯型にぴったり合った装置を作成し、その装置に細工を加えて歯を動かしますので、早く歯が動くのも特長です。

 

ストレートライン

とよしま歯科医院は治療成績が悪すぎるため、取り扱いしません。

クリアライナー

クリアライナーは、インビザラインと同様に透明のプレート装置ですが、大きく異なる点は、術前模型から一気に最終段階の

プレートを製作するのではなく、毎月お口の型を採り最新の咬合状態から次のステップのトレーを製作していくことです。インビザラインでは矯正治療中の被せ物のやりかえはできないがクリアライナーでは可能となります。
動かしていく過程の中で、歯牙の形態が変わっても、また予定外の歯の動き(動き難い、歯列の拡大が足りない、歯牙の移動量の変更他)があっても微調整ができるためワイヤーレス矯正の中でストレートライン法に次いで優れている。毎月型採りをすることと治療期間がやや長いことが

欠点。

また、1ステップにソフトタイプ、ハードタイプのトレーを用意し、歯に必要以上の力をかけないで動かすことが可能なことです。

最初の1週間をソフトタイプトレーで軽い力で歯を動かし慣れた後半の2週間をハードタイプトレーで歯を動かします。
クリアライナーの使用時間は、ストレートラインやインビザライン同様、20時間前後/日であり、

患者さんの使用時間に左右されるところは同じです。


アクアシステム

特徴
歯並びが気になっていたが、金属のような装置を口につけるのは抵抗があるので治療したかったが治療をするまでの決意ができなかった。こういった患者さんは大勢います。
この装置であれば口の中に装置が入っていることすらほとんどの人は気づきません。
しかも、治療はいたってシンプルです。アクアシステムはワイヤーやブラケットを一切使用しない夢の矯正治療装置です。

とても薄くて透明なシート状のプレートを歯型に合わせて製作し、透明なマウスピースを装着して歯を動かしていきます。

それではどんな方に向いているでしょうか?

1) ワイヤーやブラケットの装置に抵抗を感じている方
2)
人知れず矯正をしたい方
3)
金属アレルギーがある方

従来の矯正との違い(メリットとデメリット)

メリット
ワイヤーやブラケットなどの装置が必要ない
見た目がよい
従来の矯正より費用が安い
同時にホームホワイトニングができる

デメリット
ワイヤーに比べて狙ったとおりの動きが出来

ない場合がある
装置を22時間はめる必要がある
装置をはずしている時間が短いと動かない。
歯ブラシを怠ると虫歯になりやすい
抜歯をしないと治らないようなケースではこのシステムだけでは治らない
(インプラント矯正用のアンカーと併用や途中から従来の装置に切り替えることで全ての症例で可能である)
 
治療手順

1) 精密検査
2)
アクアフレーム製作用の歯型取りをします
3) 2
週間後に4つの透明な装置をお渡しします
4)
最初の1~2週間はとても柔らかいアクアフレームを装着します。この装置は柔らかいゴム状なので軽い力を歯にかけて

 歯を動かす前準備をします。
5)
昼用アクアフレームと夜間用アクアフレームに交換します。昼用は非常に薄く透明なので仕事場でも目立たない装置です。

夜間用は積極的に歯を動かす少し厚めのアクアフレームです。
6)
装着して2週間後に昼用アクアフレームを少し厚みのある透明なものに交換します。歯が動き始めるとほとんど抵抗がなくなるからです。

 このとき次のステップ用の歯の型取りをします
7) 22
時間装着していただける方は次のステップには入れます。あまり装着しない方は歯が動かないので治療間隔が伸びてしまいます。
8) 4
724週間間隔で繰り返します。(非抜歯の症例はこれだけでOKです)
9)
抜歯症例の場合は早期に抜歯をおこないます
10)
抜歯した歯の位置にインプラント矯正アンカーの埋め込みをします。このアンカーは使用目的が歯の固定源になるので歯を

 自由に動かすことが可能になります
11)
従来の矯正装置が必要な場合は最後の仕上げの段階で数ヶ月間、唇側用ホワイトワイヤー+ホワイトブラケット装置

 を装着して仕上げます。